「頭がいい」と言われる人が重視する、パソコン作業より大切なこと

日本の未来を救うものは?

パソコンのインストラクターを20年していた私は
仕事の効率化
学力向上
コミュニケーション
パソコンが日本の未来を救うって思っていました

でも

今日もパソコンに向かっている間に
夕食の時間になってしまった!

そんな日がよくあったのです。

どうせ入力するのだしと
入力した方が早いし綺麗だしと
いつもパソコンに向かっていました。でも、

検索を始めて別の記事に目移りしてしまったり、
分からないことがあって止まってしまったり、
デザインやフォントにこだわってしまったり、

ついつい寄り道が入ります。
何より怖いのが
パソコンに向かっている時間が長いことで
仕事をしている時間も長いと勘違いしてしまうこと!


やたらと時間ばかり経って
効率が上がっていない。、
パソコンに向かうより
大切なことがあるのでは。
パソコンに向かっていて大事なこと
見えていないのではと気づいたのです。

それは

まず紙に書く。

これは有名な外資系コンサルタント会社でも
トヨタ、P&Gなとの大手の会社でも
やっていることだそうです。

紙に書けないことは実現しない。

紙に書かなかったら
机上の空論にもなっていない
雲をつかむような話なのです。

さてでは
紙にかいてみよう。

鈴木さんが方眼ノートを勧めていたし
買ってきたわ。

はい


鉛筆が止まってしまった方!
それにも原因があります。

書き方があるんです。
あらかじめ書く場所をつくっておいて
あてはめていく。

整理整頓の時にもよく言われます。
入れる場所を決めて納めていくと
ちょうどいい具合に入っていくのです。

頭がいい、と言われる方は
自然にこれをやっているようです

これを始めて私は
ブログを書くのが早くなって
家を安心して2日ほど空けられるようになり
レッスンで
生徒さんに手渡せるものがさらに多くなってきました。

気になりますか

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ