「お客様目線の文章」って言われてもずっと分からなかった私の秘策

「お客様目線の文章」
よく言われますが私自身が
いくら言われても分かりませんでした。

 

今は簡単です  
私がブログやメルマガを書くときに
特に注意していることを
いくつかあるのですが

私が常に意識しているのは・・


カタカナ語を減らすこと

例えば「パソコン」という言葉は98%の人が分かるので
カタカナで書いていますが
「タイトル」をあえて題名
「ブログ」をあえて記事と書くことがあります

分かりやすいように、と
意識して書いている場合でも
「知ってるだろう」で書いてしまうと
かなり危険。

たとえば「クリック」という言葉。 
15年前のパソコンスクールでは
お金をもらって教えていました

英単語どころか、ドイツ語やフランス語?のタイトル
本当は何て読むのか分からない漢字
明らかに一度きいても覚えられないような単語
これにも注意が必要です

新しい言葉はテレビなどのメディアを使って一度に多くの人に
流行らせたり
何年もかけて人々に浸透していくものです。

「流行らせたい」
「強さを見せたい」
「かっこよく見せたい」

という理由で使って読者に
なんだかよく分からないから読むのやめよ!
って思われたら・・・

人は分からないものから逃げたくなる修正をもっているそうです。

カタカナ語がびっしり並んだブログ
自分でもページを変えたくなったことがあるのではないでしょうか

その他、外来語、業界用語、専門用語
自分のまわりの日常で使っていても
日本人の85%以上が知っている言葉かどうか
もう一度考えて記事にのせましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ポイントまとめ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━

★一般的に知られていない言葉はよく知られている日本語に直す

★どうしても使いたい場合は注釈やリンクをつける

★見つからない場合は類義語辞書で調べる   
 「言葉 スペース 類義」で検索できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━

参考になれば幸いです

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ