売れたキャラメルのキャッチコピー

初めは日本人に受け入れられなかったキャラメル

甘くて柔らかいキャラメル
明治時代から日本にあったそうです。
しかし、乳製品になじみがなかった日本人に
高価だったこともあり、当初は売れなかったとのこと

味や改良もさることながら
売れるきっかけとなったキャッチコピーがありました
そのコピーは

禁煙を欲せらるる紳士淑女の為に特製ポケット用

なんと大人の禁煙アイテムとして売り出されたとのこと。
「煙草代用」
「禁煙を欲せらるる紳士淑女の為に特製ポケット用」
タバコを禁欲中の方が
お口に入れて、口を紛らすための
タバコ代わりのお菓子とネーミングを変えたら
キャラメルが売れ出した!
そして子供たちにも次第に浸透していったそうです

名前を変えると売れるんです

名前を変えたら売れたもので有名なのが
例えば
「通勤快足」という靴下。
もとは
「フレッシュライフ」
 
ペットボトルの緑茶の「お~いお茶」も、もともとの名前は「煎茶」
名前を変えたら爆発的に売れたそうです
 

売れない、人が来ない、読まれない、は
ほんの少し文章の書き方をかえるだけで
売れるようになるのかもしれません。

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ