文章が書けるようになるコツ その6 時間をかけるならココ!

文章を書くときに
一番時間がかかるところはどこですか?

 

もちろん考える時間は長いかもしれませんが
私が文章を書く時間で一番割いているのは
直す時間です。

最初に思いついたことを書いてから
言葉を変えたり、順番を変えたりしてます。

夏に文学賞応募用の原稿用紙30枚の小説を書いたときは
何回もプリントアウトして読み直し、そのたび
誤字脱字、ミスや変更がありました。
プロは推敲7回とか、下書き1、推敲9と言われているそうです。

もちろんそこまで時間がかけていられないという方も
多いと思われます。私も普段のブログやメルマガは
3回くらいの時もありますし、もっと多い時もあります。

書いてから一度見直すと文章はよくなってくるものです。
実際に、文章添削を受けてくださった方の文章は
順番だけ変えるだけで
見違えるように素敵な文章になる方がたくさんいらっしゃいます。

それだけ推敲、構成は重要なのです。

よく言われる
「読者が知りたい順番で書きましょう」
という方法がピンと来ないときは
「どういう順番で書いたら話がおもしろくなるか」
を念頭においてみましょう

ヤマがまったくない場合は
「起承転結」になっているか
まとめができているかをチェックします。

気がついたら試してみてください。

参考になれば幸いです
今日も読んでいただきありがとうございました。
明日は最終回です。
よい1日になりますように