どこかぼんやりしている文章の改善策は

文章メイクアップ診断を受けてくださったセラピストAさん。
ブログは書けているのだけれど
内容がどこかぼんやりしていました。

私「誰に向けて書いていますか?」
Aさん「ええっと・・・」
私「もしかして誰かから非難されないように無難にかいておこうって思って書いていませんか」
A「あ!」
私「普段、どんな気持ちでブログを書いていますか」
A「こんなこと分からないかもしれないけどこうなんですって気持ちです」

Aさんの場合は伝え方が
少し守りに入っているようです

まずはどんな人あてに
どんな気持ちで書いていくかを考えましょう

全人類に向けて「これってこうなんだけど分かってもらえますか」
というスタンスだと
たくさんの人が行きかうスクランブル交差点の真ん中で
小さな声でつぶやいているのと同じことです
かといって大声で「こうですよ~~聞いてますか~~」
と叫んでも素通りされるか一人くらい振り向くかもしれません。

例えば
ーーーーーーーーーーーー
高い化粧品を使っても肌の状態がよくならない方、
〇〇をするとお手入れしなくても若見えする肌になっていきます
その方法は・・・
ーーーーーーーーーーーー

こんな風に
「お肌の状態悪い方が〇〇を使ってきれいな肌を手にいれられますように」
そんな気持ちになってみましょう。

ぼんやりした文章は
不特定多数の人に向けて書いている
こんな風に思われたらどうしようと気持ちが自分に向いている
そうすると人は
雑踏で話しかけられた時のように
自分に話しかけられたものとは思えないものなのです。

ブログだとたくさんの人の目に入るので
時々「〇〇って思う人がいたらどうしよう」と
言葉につまる時もあります。気持ちが自分に向いている時ですね。
そういう時は
私はメルマガに書くことにしています。
メルマガは
私の文が好きであろう方だけに向かって書けるので
気持ちが入れやすいのです。

よく
メルマガの方が慣れれは楽だよと言われるのは
そこだと思います

「メルマガ」という形態をとらなくても
お客様や自分を知ってくれている方に
季節のあいさつのように
お元気ですか?今度こんなことします
とメールを出すのもいいですね。

参考になれば幸いです

平成最後のブログレボリューション★チャンス
書きかけの文章や言葉にしづらかった想いを
文章にしたててアップできます
 
今なら
SNS起業を成幸させる10ステップ
ミニブックをプレゼント(4月30日申し込み分まで)

お申込はこちらをクリック

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ