「必要な人に届きますように」っていう投稿があんまり届いていない問題

もしかしたらその投稿、届いていないのかも

「必要な人に届きますように」
フェイスブックで時々見かけるこの投稿。
本当に届いているのでしょうか。

SNS的に言えば、
友達が少ない人は正直、拡散力が低い。
ただ、少ない中の濃い友達に確実に届く可能性はある。
人は、知らない人からの情報より、
知り合いの情報を信じる傾向にあります。

やりがちだけど拡散力が低いシェア方法

やり方的に言うと、
「シェア」というボタンを押して
シェアするだけだと、これもまた拡散力が低くなります。
なぜかというと
理由はよく分からないが、シェアしただけの投稿を
フェイスブックが嫌うらしく、
フィードの上部に上がる確率が落ちるからです。
四角の枠にまたもう一つ枠が入ったシェア投稿を
読者の方も「その人」の投稿じゃないんだと
瞬時に判断して、スルーすることも多いです。

 

本当に届けたい時はどうやったらいいの?

ではどうしたら本当に
必要な人に届くのでしょうか。


自分の言葉を入れて投稿すること

必要な人に届きますように
+リンク
だと意外に読まれていません。

たとえばこんな風に書くのがオススメです。
ーーーーーーー
【タイトル】
◯◯の方、ぜひ読んでください
◯◯の◯◯さんがこんなことをしています。
◯◯は◯◯な取り組みです。
詳細はこちら
ーーーーーーー

必要な項目はすべて入れておきましょう

いつどこで誰が何のために何をするか。
要は5W1Hはコピペでもいいから入れる。
シェアしてほしい人は
コピペしやすいような情報をテキスト(文字)で
入れこんでおくことが大切です。

そう言いながらもついつい省略して勢いで
えい!ってシェアしてしまうこともあるんですが、
できたら後から加筆・編集すると
投稿がまた上部に上がってくることがありますので
届けたい!想いが強かったら
情報を欠けなく記載するということが
より必要な人に届くことにつながります。

 

離脱されないために必須な記載項目

意外と忘れがちですが、
県名、曜日、問い合わせ先、リンクなど
は必ず入れましょう。
読んでいる人が
探しても見つからない、
探しているうちに忘れて別のサイトを見てしまう。
という「離脱」を減らすために
シェア先に書いてあっても、自分の投稿にも入れておくといいでしょう。

この投稿も必要な人に届きますように。

文章ドリルおためしダウンロード
あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
講師派遣・問い合せ