不登校でも大丈夫と思える文章スキル

次男は中1から登校する日が減りました

ひとことで言えば不登校です
少し休めば、すぐに行くように
なるかと思ったらそうではありませんでした


私は焦り、別の「行き場所」を探しました

高校へ行きたい気持ちはあったらしく
なんとか入学したものの1か月で不登校
家に漂う黒い空気に
私の気分が左右されることもしばしばありました
 
彼は不登校であったけれど
ひきこもりではなく
時々外には出ていました
あるイベントで出会ったセラピストさんの話に
心を動かされ、
その方の講座に行くことになったのです

それは私も知っている講座で
受けたいと思っていましたが
彼が先に受けることになりました

見よう見まねで私もやってみると
簡単に
問題が解決することがありました

たとえば
「学校に行かないのはなぜ?」
とやっていくと
「本当は別のことが気になって行きたくなかった」
という答えを息子の方から教えてくれるようになったのです。


高3になった息子は今就職先をさがしています
就職か進学か悩んだ時も
その講座のスキルを使って考えました
エントリーシートの文章も
伝わるように書けていました

彼のメンタルに左右されがちだった私は
彼に対して何を言ったらいいのかが
分からなかったから左右されていたのかもしれません

今では困った時にはこれ
彼自身も自分で向き合うことができるように
なっています

親がいつまでも横について
いられるわけではありません
子どもが自分で生きていける
これさえあればというアイテムを
手渡したいと思いませんか

仕事のスキルが上がることは
家庭も人間関係も上手くいくことになるでしょう。

たった一つのアイテムとは
一生困らない
人に伝わる文章力がつく
ノートの書き方です

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ