キャッチコピーが一番必要な時

キャッチコピーが一番必要な時ってどんな時だと思いますか?

キャッチコピーは
キャッチ・・・つかむ
コピー・・・・短い言葉
の名のとおり 短い言葉で人の心をつかむものお店の看板として
言葉少なですがお仕事の内容を語って
お客様を呼び止めるものです。

イベントなどでたくさんの店がある時
人はあちこちのお店を物色しながらうろうろし、
良さそうなところを物色することがあります

大声で呼ばれた店に振り向くよりも
だまって笑顔を向けてくれている店で
お店の名前と人をみながら
どうしようかな~~と
立ち止まったことはありませんか?

その時に必要なのが
キャッチコピー

一度足を止めてもらった後は
さらにプラスしてお店の説明になる
サブキャッチコピーで惹きつけます

お店のところにある
POPやチラシを読んで
「おもしろそうだな」
「ちょっとやってみようかな」
「どんなの?これ?」
立ち止まって見てしまったこと
一度はあるのではないでしょうか

商品の一つ一つの説明が光っていて
ついつい欲しくなってしまうお品書きとか!

まずは読んでもらう
目を止めてもらう
立ち止まってもらう

ぜひ意識してつくってみてください

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ