音楽と文章 ここちよい基礎の関係性

文章が苦手という方
いろんなタイプがあって
長くなってしまう人、短くしか書けない人
論点がずれる人、書けなくて固まる人
さまざまです。

私は
日本語を話している人なら誰でも文章は書けると思っていて
書けないと感じているのは
習わなかったからだと分析しています。

習ったかもしれませんが
今日は構成力についてお話します。
構成力とはズバリ
「起承転結」をつくることです

この流れは基本なので
通常はこれで文章を作れば
読みやすくなります

音楽でいうと
Aメロ、A’メロ サビ Bメロ
という感じ
もっとシンプルにすると
一斉にお辞儀をする時の
ジャーン、ジャーン、ジャーン
というのです。
(↑これに関しての表現制限はお許しください)

まずは基本にのっとって
次のように書いてみましょう

ーーーーーーーーーーーー
起・・まずはとっかかりの説明

承・・起からさらに広がりをもたせ

転・・ここで読者を驚かせるような展開をしてから

結・・最後まとめます
ーーーーーーーーーーーーー

文章が長くなりすぎる人は
起 や 承 の前置き部分が長い傾向にあります。

平坦になる人は
転での展開が盛り上がりに欠けます。

短くてあっさりになる人は
突然結論にいってしまったり
結の部分がなかったりするものです。

起承転結に文章のパーツを分けてみて
分量を同じくらいにしてみましょう。
4コマ漫画を描くような感じで割り振ります。

慣れるとかなり構成力がつきますので
よかったら
この流れを一度試してみてください

あなたはどのタイプ?1分で文章チェック
方眼ノート1DAYベーシック講座
講師派遣・問い合せ